株式会社堀之内建設

LIFE CAFE まごころ、メゾン・ド・カラン

ブログBlog

by horiken

カテゴリー:ほりけん日記

ドボジョはじめての現場

年の瀬もいよいよ押しせまり、今年もあと10日で暮れようとしていますね。

本社のある牧園町の気温もついに真冬を示し始めました!

さむい~

 

そんな中、弊社ドボジョ(土木女子)のはじめての現場「万膳橋」の補修工事も残すところあとわずかとなってまいりました。

(土木女子誕生のお話はこちら

 

思い起こせば、いつも一緒に働いていたYさんの口から

「けれん」やら、

「防錆」やら、

「ハツリ」だの、

聞きなれない土木用語?が聞こえ始めた2021年。(覚えているのがこれくらいですみません…)

オシャレ大好きなYさんの変貌に、はじめこそ戸惑っていた我々でしたが、

慣れないながらも一生懸命業務に励むYさんに、ただただ尊敬の念を抱いた1年でした。

 

土木の仕事は本当に奥が深そうで、土木作業員なくしては世の中にある建築物や交通網は成り立ちません。

世の中の「すべての人に役立つ仕事である」とも言えるのではないでしょうか。

Yさんの業務を通して、改めてインフラ整備や防災対策の大切さ、日夜業務にあたってくださる方々に感謝するいい機会となりました。

 

まだまだ男性の多い土木の現場。

そんな中で男勝りに働く彼女から届いたブログネタです。

どうぞ。

 

 


 

万膳橋の工事もあと少しとなりました(^^♪

 

本日ハツリ後の殻を砕石場に持って行ったところ…

↑ハウルの動く城と

↑ヤドリギも見つけました(^^)

 

(Yさんより・原文ママ)


 

 

これまたほっこり癒し系~~~!!!

ほりけんの人たちはすぐ私をほっこりさせてくる。

何気ない風景を瞬時に「ジブリの世界」に見立てるこの感性。

でもこの感覚が世の中を救うのです!(ただのジブリ好き)

 

「土木=男勝り」だなんて、とんでもない時代錯誤の偏見ですね。

お恥ずかしい。

 

ちなみに私事ですが「ヤドリギ」を初めて見ました!

クリスマスの季節に「ヤドリギの下にいる若い女性はキスを拒むことができない」なんて風習を、よく外国の絵本などで目にしていました。

恋人同士がヤドリギの下でキスをすると結婚の約束を交わしたことになり、ヤドリギの祝福が受けられるという伝説になったようです。

今年のクリスマスに伝説を起こしたい方は、ぜひ砕石場へ!!

 

さて今年も残りわずか。

年末・年始を無災害で乗り切るために心を込めて、みなさま「ご安全に!」

ブログ一覧へ戻る